下調べが重要?お客様に来てもらうために必要なこと

>

自分の得意な分野の年齢層を狙う

単身者が多い場合

ワンルームマンションや、割と小さめのアパートが多い地域は単身者が多いです。
お店としては定食屋さんやコンビニ、お惣菜屋さんなど、気軽にすぐ食べられるような商品が揃っているお店が好まれます。レンタルビデオ屋なども流行るでしょう。単身者ですとまだ比較的お金も自由に使えるので、少々値の張る洋食屋さんなども流行りそうですね。
こういう場所で集客するには、来客している男女の比率を知ることが重要です。男性客よりも女性客に人気があるお店は集客率も高い傾向があります。ですのでこういった地域では女性に好まれそうなテイストでお店作りをしていくと良いと思います。女性が一人でも入りやすいような清潔感のあるお店や、女子会にも利用できそうな適度な広さなど、まずは女性の目にとまるような外観や内装を心がけていくことをお勧めします。

ファミリー層が多い地域

十階建てくらいの集合住宅や、小学校が近くにある地域は、たいていファミリー層が多く住んでいます。
そういったところでの集客は、小さい子供連れでも気兼ねなく入れるお店作りを心がけることです。スーパーも個人店よりもチェーン店で全国展開しているような大きいお店の方が子連れには敷居が低いです。さすがにお店の中を走り回るようなことはさせられませんが、子供の目を引くお菓子売り場やクリスマスなどの季節商品コーナーなど、子供が退屈せずに済むようなお店作りをすると過ごしやすくなります。 
少しの間なら座らせておけるイートインコーナーがあると重宝されます。小さいお子様向けのイスなどもあると安心です。少し遠方からでも来られるように駐車場も広いと大変便利だと思います。


この記事をシェアする